【投資】「図解でわかるランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて」

投資で勝つには? 

マーチンゲール。モメンタム投資。巷ではさまざまな必勝法が紹介されているが、結局は自分なりの投資哲学をもてというのが結論。

ランダムなマーケット 

マーケットは利用可能な情報が織り込まれ、効率的にランダムな動きをするというランダムウォーク理論。

マーケットは常に効率的に動かず、人間心理のバイアスが反映されているという行動ファイナンス理論。

この二つの理論のもとではマーケットの動きはランダムであり必勝法は存在しないからだ。

限られたチャンス 

しかし、ランダムなマーケットにも限られたチャンスがある。

このチャンスをものにするための手法として

行き過ぎた価格が元に戻ろうとする特性を狙ったミーンリバージョン戦略。

リスクが高い分リターンも大きな投資対象を狙ったリスクプレミアム投資。

同じような動きをする価格の歪みから生まれる利鞘を狙ったアービトラージの三つの手法がある。

投資哲学を身につける

「市場」を支配する物理学と心理学のスキマに存在する「収益機会」限られたチャンスをものにするため、あらゆる理論、手法を身につけ、自分なりの投資哲学をもつべきである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました