【10分de名言】投資の神様 ウォーレン・バフェットの名言

名言

ウォーレン・バフェットの聞き流し動画は こちら

・「自分の能力の輪の中にめぼしいものがないからといって、むやみに輪を広げることはしません。じっと待ちます」

・株は単純。みんなが恐怖におののいているときに買い、陶酔状態の時に恐怖を覚えて売ればいい

・愛を得るには、愛される人間でなければならない

・他人が貪欲になっているときは恐る恐る。周りが怖がっているときは貪欲に

・幸運な1%として生まれた人間は、残りの99%の人間のことを考える義務がある

・初めから売りを考えて買うような株は、10分たりとも持ってはいけない

・分散投資は、無知に対する防衛策だ

・時代遅れになるような原則は、原則ではない

・やる価値のないことなら、うまくやる価値もない

・最も重要なのは、自分の能力の輪をどれだけ大きくするかではなく、その輪の境界をどこまで厳密に決められるかです

・自分の思い込みや偏見から解放された客観的な評価を探す

・価格と価値の差を見極める

・投資は力仕事ではない。人一倍、読み、考えなくてはいけない

・「将来の生産性ではなく将来の価格変動を当てにしているとしたら、それは投機というものだ

・いったん交わした契約は反故にできないのだから、サインをする前に考慮すべきことは全て考慮しておきなさい

・私自身は投機は成功しないと思っている

・幸せと金は別物である

・人は習慣で行動するので、正しい思考と振るまいを早いうちに習慣化させるべきだ

・本当に重要なことだけを選んで、それ以外には『ノー』と断ることも大切だよ

・やり方を心得ていることすべてをすばやくやる。ためらったり、考え直したりはしない。
とにかくやり遂げる

・今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいい。その会社が10年、50年経っても欲しいと皆が思うものを作っているかどうかが重要だ

・喜んで10年間株を持ち続ける気持ちがないのなら、たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらない

・私が成功した理由は、飛び越えられるであろう30センチのハードルを探すことに精を傾けたから

・金持ちになるためには2つのルールを守りなさい。ルール1 絶対にお金を損しないこと。ルール2 絶対にルール1を忘れないこと

・並外れた結果を出すために、並外れたことをする必要はない

・独力で考えなかったら、投資では成功しない

・株価が50%下落してもパニックに陥らないこと。そういうときにこそ、ありがたく買うこと

・大事なのは、自分が好きなことを飛びきり上手にやること。お金は副産物にすぎない

・私は事業家であるゆえに、より良い投資を行うことができる。そして、私は投資家であるゆえに、より良い事業を行うことができる

・私は一日中、いつもワクワクしているんです。なぜなら、自分が本当に愛してやまない人たちと一緒に、自分が本当に愛する仕事をしているのですから

・私の仕事とは、大きな安全域の中で、『企業の内在的な価値』と、市場価格の差を利用して利益を得ること。これに尽きます

・尊敬できる人のもとで働きなさい

・愚か者でも経営できるビジネスに投資しなさい。なぜなら、どのビジネスにもいつか必ず愚かな経営者が現れるからだ

・まず自分自身が顧客になり、次に他人のために働くべきだ。一日一時間を自分に充てるべきだ

・常に株券ではなく、ビジネスを買うという投資姿勢が必要です

・近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う

・そもそも経営が大幅に悪化するような企業には投資しません

・ウォール街は、お金を活発に動かして利益を得る。
あなたは、お金を活発に動かすことなく利益を得るのだ。

・我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ

・あなたが車を一台持っていて、一生その車にしか乗れないとしよう。当然あなたはその車を大切に扱うだろう。必要以上にオイルを交換したり、慎重な運転を心がけたりするはずだ。ここで考えて欲しいのは、あなたが一生に一つの心と一つの体しか持てないということだ。常に心身を鍛練しなさい。けして心身の手入れを怠らないようにしなさい。じっくり時間をかければ、あなたは自らの心を強化することができる。人間の主要資産が自分自身だとすれば、必要なのは心身の維持と強化だ

・100万ドルで愛が買えるなら安いものだ。しかし、現実には誰かに愛されたいと思ったら、あなた自身が愛される人物になるしかない。見返りを求めてしまうのは人間の性だが、あなたが何かを与えなければおそらく、あなたには何も与えられないだろう。私の知り合いの中で望みの愛を手に入れた人は、誰もが自分を成功者だと思っている。誰にも愛されずに満足感を得られる成功者など、私は想像することができない

・ある分野の第一人者、たとえば優秀なスポーツ選手や有名な芸能人が畑違いの事柄にまで首を突っ込んで、一般大衆に身の施し方をあれこれ指南しようとする風潮に、私は強い違和感を覚える。我々が投資で大きな利益を上げられるからといって、世の中のあらゆる事柄に関して良い助言ができるだろうか?こんな考え方は常軌を逸している

・ベン(ベンジャミン・グレアム)は、私の人生に最も影響を与えた人物です。ベンの教えに従うことで、投資において損をする側ではなく、利益を得る側の一員となることが、私はできました。非常に優秀な投資家が流行の理論を追うよりも、平凡な投資家がベンの教えに従う方が、より大きな恩恵にあずかれるはずです

・私の投資哲学の基礎は、ベン(ベンジャミン・グレアム)が著した『賢明なる投資家』の第八章『投資家と株式市場の変動』と第20章『投資の中心概念』に、ほぼすべてが書いてあるといっても過言ではないでしょう。この本は、人生最高の一冊です

・我々はけして後ろを振り向かない。我々の頭に浮かぶのは多くのものが待ち受けている未来だけだ。ああしておけばよかったとくよくよ考えても、過去を変えられるわけではない。あなたは前を向いて生きるしかないのだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました