【10分de名言】バフェットの右腕 チャーリー・マンガー の名言

名言

チャーリーマンガーの名言は こちら

・「成功とは、忍耐強く待ち、時が来たら、積極的に行動するということです。」

・「経験とは、人生で何回かしかないチャンスが訪れたときに、単純で合理的な行動を素早く大胆にとるべきだという長年培ってきた考えを確認するもので、それはたいてい経済的にも人生を劇的に改善してくれます。好奇心を持ち、広い視野で分析するのが好きで、常にチャンスを探し、待ち続ける人のところに、いくつかの大きなチャンスが訪れることは明らかです。そして、もしそのチャンスが極めて有利ならば、過去の慎重さと忍耐によって手に入れた資源を大きく賭けるしかありません。」

・「私たちには、良い球が来るまで待つという投資の規律があります。もし私がべンチマークで評価され、全額投資しなければならず、常に監視されているような仕事に就くことになれば、きっといやになるでしょう。それでは手足を拘束されているのと同じです。」

・「人生で出会ったさまざまな分野の人たちのなかで、あまり本を読まないのに賢いという人には出会ったことがありません。ひとりもです。ウォーレンも私も驚くほどたくさんの本を読んでいます。」

・「会社が高い資本利益率を生み出し、それを高リターンで再投資できれぱ、うまくいくことは明らかです。しかし、それでは本は売れないため、ビジネス書の著者はさして役に立たないたわごとやあいまいな概念を盛り込みます。」

・「信頼できる人に任せるだけで、どんな複雑なことでも可能になると思っている人たちがいますが、自分でやれば、少なくともそれよりも間違いを減らすことができます。単純に考えるようにしておけば、思考を外注する必要はありません。」

・「読書を通じて、生涯、自己学習を続けてください。好奇心を育て、毎日少しずつ賢くなるために努力するのです。」

・そこそこの会社を割安な価格で買おうとするのではなく、素晴らしい会社を適正な価格で買いなさい。

・唯一注意しなければならないのは、愚かなことをしないこと。

・すなわち、良い投資機会を見出したのに何もしなかったり、わずかしか投資しなかったりすることである。たいていは怠慢が原因なのだが、こうした過ちを犯さずに正しく行動することは、実際にはそれほど簡単ではない。

・株価が下落すればするほど、間違った値幅が拡大していく。こうした局面こそが、オッズが有利になる瞬間であり、迷わずに買うべき。

・安い価格で株式を手に入れることができれば、やがてはその成長性が業績を押し上げてくれるだろう。

・待つことは、投資家にとって大きな助けになる。多くの人は待つことができない。

・ビジネスの世界では、一つか二つの変数を馬鹿馬鹿しいほど最大化したり最小化することが勝利をもたらすことがある。ディスカウントストアのコストコが良い例だ。

・永続的な競争優位性があり、自分の意思で価格を引き上げることができる「良い会社」に的を絞ることが重要。

・「自分の間違いを思い返すのは非常に有効だ。私達はそれがとてもうまいと思う。」

・「目覚めた時よりも賢くなって寝ること」

・私の経験から言えることだが、いつも考え続け、本を読み続けていれば、働く必要はない。

・頭が一番良いわけではないのに出世する人はよくいます。時には最も勤勉ですらないこともあります。ただ、そういう人は学び続けています。彼らは朝起きたときよりも寝るときのほうが少し賢くなっており、特にそれを長く続けた人は、それが大きな差になります。

・もし文明は高度な発明がなければ発展しないのならば、人も学びの方法を学ばなければ向上することはできません。私の長い人生でも、継続的な学び以上に役立ったことはありません。私はこれまでずっと学際的な手法を実践してきましたが(しないでいるとできなくなります)、その効果は言葉ではとても説明しきれません。人生がより楽しくなり、私はより建設的になり、より人の役に立てるようになり、ものすごい金持ちになれました。

・とにかく大事なのはその姿勢です。

・それほど頭が良いわけでもなく、猛烈に働いているわけでもないのに、成功している人がいる。おそらく、ずっと学び続けているからだろう。彼らが夜眠るときには、朝起きたときよりも少しだけ賢くなっているのである。これから長い道のりを歩む人にとっては、とくに助けになるはずだ。

・世の中は天才ばかりではない。けれども、改善は誰にでもできる。そして、日々改善を続けていけば、どんな巨大な目標だっていつかは達成できる。つまり、改善は凡人を天才にする方法なのだ。くじけず、うまず、たゆまず、一段ずつ階段を登っていけば、いつかは天才を超えることができる。

・たとえ毎日1%の改善でも、1年続ければ38倍になる。これは、一人の人間の話だけれど、組織として考えればもっと大きなことが起きる。理論的には2000人の社員がいれば、1日で1.012000乗、計算すると439286205となる。

・私は食べたいものを食べる。健康に気を遣うことはない。したくもない運動をすることもない。成功を後押ししてくれたものがあるとすれば、それは、物事を深く考え抜くということを実践してきたからだろう。ジョギングや何やらをして成功しようと努力している人には、ご苦労様といいたい。

・自分が解決できないことを心配して時間を浪費するのは、建設的とはとても言えない。お金を運用するなら、何かとんでもない事態が起こるかもしれないと覚悟するしかない。それ以外は、愚かな楽観主義者でいればいい。

・羨望と嫉妬は、十戒に含まれていただろうか。子供を育てたことがあるなら、あるいは、法律事務所や投資銀行、大学の経営に携わったことがあるなら、羨望の怖さを知っているのではないだろうか。バフェットが「世界を動かしているのは欲望ではなく羨望だ」というのを私は何度も耳にした。

・だれかが自分よりも速く儲けていることを気にするのは、大罪です。羨望は唯一、どうやっても楽しむことができないつまらない罪です。痛みは大きいのにまったく楽しくありません。そんな道を進む必要があるでしょうか。

・今日の世界は食糧難が減り、羨望の価値も薄れている。そのため、羨望は適合のためではなく、ただ人を不幸にしている。マンガーの指摘は単純だ。羨望からは何も良いことは得られない。彼は、羨望はまったく無駄な感情であり、極力避けるべきだと考えている

・羨望が大きな問題につながるのは、他人の金銭的な成功を目にしたときで、人は羨望からより高いリスクをとろうとする。近所の人がスポーツカーを買ったことをうらやんでも、株式市場が来週あなたにそれを与えてくれるわけではない。しかし、セールスマンは他人の持ち物に注意を向けて、あなたの所有欲をかき立てようとする。羨望は、はねつけることが最善策なのである

・人を破滅させる三つとは、薬物と酒とレバレッジです。

・みなのまねをしていたら、平凡から抜け出すことはできない。

・人ができる最高のことは、ほかの人がより多くを知る手助けをすることです。

・インデックスファンドに投資すれば平均的な投資家以上に儲けられない。

・平均以上に勝つことができなければ、それは負けると同じことだ。

・現金が鍵

・金持ちになる秘訣は、投資の好機が訪れた時にすぐに行動に起こせるようにいつでも小切手口座に1,000万ドルの残高を持っておくことだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました